債務整理のご相談の中で、破産する前に離婚した方が良いでしょうか、とのご質問をいただくことがあります。

これは、例えば夫の借金・債務について、夫婦である以上は妻にも返済を請求されるのではないかと心配されている場合です。

しかし、妻が夫の保証人にでもなっていない限りは、夫の借金・債務について、妻に支払義務が生じることは実際にはありません。また、妻が夫の保証人となっている場合、離婚しても保証人であることはかわりませんので、離婚することには意味がありません。

もっとも、理論的には、夫の借金・債務が、日常の生活費についての債務であれば、民法761条の日常家事債務として、妻も連帯して責任を負うことはありえます。しかし、実務上は、そういったケースはまれなことです。当事務所にて扱った債務整理において、そのような請求を受けたことは、これまで一度もありません。

なお、仮に、夫の借金・債務につき、日常家事債務として妻も連帯して責任を負う場合は、その後に離婚したからといって責任を免れるものではありませんので、離婚することには意味はありません。

もし、夫婦としてやっていけなくなったのであれば、離婚もやむなしでしょうが、そうでないのに、破産するからといって離婚する必要はありません。

藤本法律事務所