かつて破産をして免責を受けた方が、再度、多重債務に陥った場合、再び、破産をして免責許可決定を受けることができるのでしょうか。

1回目の破産免責手続のときに、免責は一生に1回だけだと思って下さい、と裁判所や弁護士から言われた方も多いと思います。

結論から申し上げますと、再度、破産するに至った事情、現在の生活状況、今後の生活の再建への努力次第では、2度目であっても、免責許可決定を受けることができます。当事務所においても、2度目の破産免責が認められたというケースを、複数回経験しております。

そこで、2度目の破産免責であっても、あきらめずにご相談ください。

もっとも、個々の事情次第ですので、個人再生が可能なのであれば、破産ではなく、個人再生による解決を図ることをお勧めする場合もあります。

やむなく2度目の破産免責申立を選択する場合には、免責許可を得るための工夫や努力を十分に行う必要はあります。そこで、再度破産に至った事情を詳細に説明し、過去を反省して3度の繰り返しをしないことの工夫や努力を実践する、といったことは必要と思います。

ケースバイケースと言えますので、詳細は弁護士にご相談ください。

 

なお、破産法では、免責不許可事由がなければ、裁判所は免責許可の決定をする、とされております。

そして、免責許可決定の確定の日から7年以内の免責申立は、免責不許可事由となっておりますので、逆に言えば、1度目の免責許可決定の確定から7年を過ぎていれば、他に免責不許可事由がない限りは免責許可を受けられることになります。

もっとも、免責不許可事由があるかどうか、特に、ある支出が浪費(収入に見合わない支出)と評価されるかどうかは、絶対的な基準があるわけではなく、ケースバイケースです。免責不許可事由はないと思っていても、免責不許可事由ではないか、と指摘される場合もあります。

仮に、免責不許可事由(浪費など)がある場合でも、裁判所は、一切の事情を考慮して「免責を許可することが相当であると認めるとき」は、免責許可決定ができることとされております。もっとも、「相当である」と認めてもらうためのハードルが高くなることは間違いありません。「相当である」と認めてもらうための努力や工夫として、何ができるのかを考えることになります。

 

破産などの債務整理のご相談は藤本法律事務所までお尋ねください。相談料無料、弁護士費用は分割可です。

自己破産の詳細ページへ戻る

免責許可・不許可の詳細ページへ戻る

 

 

 

藤本法律事務所