報道によりますと、貸金業者の貸付金利の制限を、条件付きではありますが、年29.2%とするように法改正がなされる可能性が出てきたようです。

この改正がなされても、今回は、グレーゾーン金利とはならないように法定されると思います。
中小零細企業の一時的な資金調達を、容易にするという趣旨のようですが、利息が高いため、本当に一時的なものにとどめ、早期に全額の返済を終える必要があるでしょう。

藤本法律事務所