毎月の給与は、銀行口座への振り込みによって支払われるケースが多いと思います。
そして、その口座を開設している銀行に、カードローンその他の借入がある場合も、よく目にします。

この場合、破産申立や個人再生などの債務整理を弁護士に依頼する場合、前もって給与振込口座を他の銀行(借入のない銀行)に、変更しておくことをお勧めします。

その理由は次のとおりです。
まず、弁護士が債務整理を受任した場合、債権者に受任通知を発送します。
銀行のカードローンがあれば、その銀行にも受任通知を発送します。その銀行に預金口座があれば、銀行は、預金を凍結して、その後、カードローンと相殺することになります。

もし、その口座に給与が入ったままであれば、引き出せなくなり、生活ができなくなってしまいます。

受任通知が銀行に到着した後に、給与振り込みがあった場合には、相殺の対象とはなりませんが、直ぐに引き出せるわけではない場合もありえます。

弁護士が債務整理を受任した場合、まず行うことは、債権者に受任通知を発送することです。

藤本法律事務所